発達障害は体温調節が苦手

知識

発達障害の、特に子どもは体温調節が苦手な場合があり、体温が上がりやすく下がりにくいという特徴があります。

スポンサーリンク

体温調節が苦手な理由

まずは、なぜ発達障害は体温調節が苦手な傾向にあるのかを考えていきたいと思います。

自律神経の発達が未熟なため

発達障害の方には自律神経の発達が常人に比べて未熟な場合があります。

自律神経の働きが鈍いと、体温が上がっても汗をかく機能が正しく働かず、体温を下げることができないため体内で熱がこもってしまいます。

また、自律神経の働きが過敏な場合は、汗をかく機能が過剰に反応してしまい、少しの運動でも大量の汗をかいてしまいます。

暑さや寒さを感じにくいため

発達障害の特性として、特定の感覚が過敏であったり、逆に鈍かったりすることがあります。

そのため、健常者の感じ方とズレがあり、少しの暑さや寒さに対しても実際よりも異常に暑く感じたり、寒く感じたりします。

反対に暑さや寒さを感じにくい場合もあり、気温が高いのにも関わらず暑いと感じずに知らないうちに熱中症になってしまう場合もあります。

衣服の調節が出来ないため

発達障害の方の中には肌触りを極端に気にしてしまう場合も多く、気温関係なく自分にとって着心地の良い服しか着ない人もいます。
また、自分へのこだわりが強い場合も多く、長袖の服が好きならば猛暑日でも長袖を着てしまい、衣服での体温調節ができないこともあります。

体温調節ができないことによる影響

実際に体温調節ができないことで、身体に様々な影響が発生してしまいます。

熱中症や脱水症状

体温が上がってしまっても熱を体の外に出すことが苦手な場合や、自分では暑くないと思っていても体温が上がってしまっており熱中症になることがあります。

また、自律神経が過敏で必要以上に汗をかいてしまい脱水症状になる可能性もあります。

意識の低下

体温が上がることで、ボーッとしてしまい、反応が鈍くなったり、動作が遅くなる場合があります。

睡眠障害の原因

睡眠中に熱がこもってしまい眠りが浅くなったり、暑さで夜中に目が覚めてしまうことがあります。
また、大量に寝汗をかいてしまいそれが不快感となり起きてしまう場合もあります。

睡眠が十分に取れないと、日中に眠くなってしまったり疲れでストレスが溜まってしまうなどの障害も発生します。

ADHDと睡眠障害の関係が深いらしい
不注意・多動性・衝動性の3要素を持つADHDですが、睡眠障害との関係が深いとの見解を出す研究者もいます。 確かに自分自身も寝ているはずなのに疲れが取れなかったという経験が多く悩んでいます。 そんな関係が深い可能性があると言われている...

対応方法

本人に自覚がある場合は、それに対する対応策をとるようにしましょう。

  • 気温管理が苦手ならばアプリ等を使用してその気温にあった格好をするよう心がける
  • 過剰に汗をかいてしまうのであれば汗をかいていない時からこまめに水分をとる

また、本人に自覚がなくても何かしらの外見の変化が現れる場合もあります。
そんな時には周りの方が気にかけるようにしてください。

  • 顔が火照っていたり、汗をかいていたらこまめに水分補給させる
  • 明らかに周囲の気温に反する衣服を着ているのであればクーラーを使うなどの処置を行う

コメント

タイトルとURLをコピーしました