仕事・働き方

スポンサーリンク
仕事・働き方

ADHDにとってPDCAを回すことは逆に作業効率を下げてしまうのではないのか

社会人になって『PDCA』という言葉をを良く聞くようになりました。 PDCAは問題の解決や品質の改善のために昔から使用されている仕事の方法です。 確かにPDCAは人によって大きな成果をもたらしてくれます。 ただADHDにとっては非...
仕事・働き方

noteで理想の上司像を見つけた話【うちのインターン生はADHDです/パレットーク】

余談ですがnoteを始めました。 始めてのnoteで「スキ」をつけてもらうと嬉しいですね。 少し前に自分にとって素晴らしいnoteを見つけたのでブログでもご紹介します。 うちのインターン生はADHDです 今回ご紹介し...
仕事・働き方

ADHDはTODOリストを作ることがとても苦手・僕が実践している方法

社会人になると作業タスクが学生に比べて格段に多くなります。 そのため先輩から「TODOリストを作ってタスク管理をしろ」と言われることでしょう。 TODOリストというものは基本的には作った方がいいと思います。 ただTODOリストは万...
仕事・働き方

社会人になってから自分が発達障害だと気付く理由について考えてみた【大人の発達障害】

『大人の発達障害』という言葉は最近よく聞くようになりました。 僕もそうなのですが、学生時代には自分が発達障害だなんて微塵も考えていなかったのに社会人になってから「自分は本当はそうなのかもしれない」と思い始める方が案外多いです。 では...
仕事・働き方

メンタリストDaiGoが教えるADHDが有利な仕事がまさかだった

普通の人にとって何でもない事務作業でも、上手く行えず辛い経験をしたADHDの方は多くいるかと思います。 その経験から「自分は誰でも出来ることさえ出来ない」と考えてしまうかもしれません。 そんなADHDの方に向けた動画をメンタリストの...
コラム

ADHDの新社会人は電話対応が苦手

ADHDはやるべきことが分散されてしまうと、途端に集中できなくなります。 その身近な例として会社での電話の取り次ぎがあります。 特に新社会人にとっては、電話の取り次ぎは避けては通れない仕事の一つです。 では、なぜADHDにとっ...
コラム

ADHDはスペシャリストになるべき理由

企業に勤めていると、キャリア形成の中で自分がスペシャリストになるべきか、ゼネラリストになるべきなのかを悩む時期があるかもしれません。 そんな時は、ADHDの方はスペシャリストになるべきだと思っています。 では、なぜADHDはゼネラリ...
コラム

ADHDはフリーランスに向いているのか

ADHD傾向の人が成功するための一つの働き方として「フリーランス」があります。 ひと昔前は終身雇用が当たり前で、高校や大学を卒業したら会社員として雇われ、定年まで働き続けることが一般的でした。 しかし、近年働き方にも多様性が生まれた...
コラム

ADHDはプログラマーに向いているのか

ADHDは良くプログラマーに向いていると言われることが多いです。 それはプログラマーという職業がクリエイティブ職と位置付けられることが多いからだと思います。 現在IT企業と呼ばれる会社にいる僕の視点で、「本当にADHDはプログラマー...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました